Z世代に効果的なマーケティング手法4選

更新日:2022.04.01 公開日:2021.11.29

SNS

最近よく「Z世代」という言葉を耳にすると思いますが、マーケティングにおいて時代の流れや流行を網羅することはとても大切になっています。
そこで今回の記事は、「Z世代」における効果的なマーケティング手法を簡単にまとめました。

Z世代とは?

「Z世代は」とは1996年~2015年に生まれた世代のことを指します。

そもそも時代を「~世代」と区切るという構図は昔から存在していたのはご存じでしたでしょうか?

「~世代」と呼ぶ始まりはカナダの作家ダグラス・クープランドの著書である「ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち」からとられています。

1965年~1980年頃の世代を「X代」と呼び始め、1983年~1995年頃を「ミレニアル世代」、1980年~2000年代初頭を「Y世代」と呼ばれていました。

なのでZ世代はY世代の次の世代で、新たな時代の消費者として注目が集まっています。

参照URL:https://grove.tokyo/media/g0105/

ミレニアル世代との違い

Z世代の丁度前であった世代、ミレニアル世代とは何が違うのでしょうか。

まず大前提でいえることはその当時のインターネットの普及の違いが挙げられます。

ミレニアル世代では家庭でコンピューターが一般的に使われ始めてからメッセージ機能や検索エンジンの機能を目の当たりにしたいわゆるパイオニアのような人たちの世代です。

しかしZ世代の若者はスマホ、高速Wi-Fi、SNS、ゲーム機器がもはや当たり前になっています。

Z世代はデジタル機器がないと落ち着かないし、SNSがないと生きていけないと感じている人も多くいることでしょう。

その上での両者の違いはz世代はより多様性を重視しているということです。

Z世代の人たちはSNSを使うことが当たり前になっているため、オンライン上でたくさんのコミュニティに参加したり、文化の違いをスマホ一つで確認することができます。

 

そのためお互いの個性を尊重したり、理解できているといえます。

そしてさらに一人一人の価値観を重視することを求める世代でもあるといえます。

自分なりのスタイルやファッション、本来の使用方法から逸脱した自分だけの使い方を発見し、それをSNSで拡散するということがZ世代では頻繁に上がりました。

みなさんもTwitterやInstagramでよく見ると思います。

そしてそれは人種運動に発展し、SNSでも「ブラック・ライブズ・マター」で個々の尊重を求める行動を拡散したりしています。

参照URL:https://www.criteo.com/jp/blog/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AB%E4%B8%96%E4%BB%A3-vs-z%E4%B8%96%E4%BB%A3/
参照URL:https://grove.tokyo/media/g0105/

効果的なマーケティング手法4つ

Z世代で有効なマーケティング手法にはどのようなものがあるでしょうか?今回私が紹介する手法は皆さんが現在も利用している身近なツールです。

1.YouTube

皆さんも必ず一度は見たことのあるYouTube。実はマーケティングの戦略としては非常に長けている手法なのです。

「YouTuber」というYouTubeで動画を投稿している方に企業の製品を案件として紹介してもらい、そのYoutuberのファンがその製品を紹介している動画を見て購入してくれるケースも全然あります。

私はよくYoutuberのレビューでいいなと思った商品はその動画の概要欄にあるAmazonのリンクから購入することもあります。

やはりYoutubeを駆使したマーケティング戦略はこのご時世大活躍してくれる手法でしょう。

さらに企業がその会社の公式チャンネルを開設し、そこで自社製品を紹介して収益を得ることも可能です。

Youtube広告も利用し、動画を閲覧するユーザーに向けCMのような形で動画視聴中に企業の製品を宣伝することができます。

ですが最近はすぐにスキップしたり、「YouTube広告に出す製品はしつこいから買わない」というように煙たがられることもあるので注意が必要です。

最近では「YouTubeショート」というショート動画用の投稿サービスも始まったので、短い動画でたくさんの人に認知されることもあります。

2.Instagram

よくインスタ映えという言葉聞きませんか?マーケティングでもそのインスタ映えを狙い、売上を上げることが可能です。

Youtuber同様に「インスタグラマー」というインフルエンサーに案件として紹介してもらったり、アカウント開設を行い、そのアカウントのストーリーを駆使し「映える」ような投稿でユーザーを獲得すると効果的です。

3.TikTok

最近話題になったSNSであり、主にショート動画がメインとなっている媒体です。

ショート動画なのでたくさんのユーザーに認知されやすいので、インパクトのある内容にする必要があります。

短時間のため最後まで見るユーザーが多いので「視聴完了数」も多くなります。

4.Twitter

Twitterは上記で書いた3つの手法と違い写真、動画ではないつぶやきがメインになると思われますが、それでもマーケティングを成立させることができます。

例えば最近よく見るのがリツイートしてくれた人の中から抽選で企業の製品プレゼントのような投稿でたくさんのユーザーを獲得することができます。

企業の製品だけではなくプリペイドカードや、何かの券を抽選で配布することを促せば、たくさんのリツイートを得ることができ、より効果的でしょう。

しかしこの場合、プリペイドカードのために認知したユーザーもいると思うので、そのユーザーが離れないようにするためのコンテンツ制作が重要になってきます。

 

4つのマーケティング手法を紹介しましたが、大事なことは4つすべて実際にやってみることが大切だと思います。

Youtubeの方がユーザー獲得できたとしてもInstagramメインの人やTwitterしか見ないという人もいます。

どちらか選ぶ必要もなく、一人一人のユーザーを無駄にしないため、Youtube、Instagram、TikTok、Twitter この4つのSNSすべて駆使しましょう

参照URL  https://smbiz.asahi.com/article/14473867#inner_link_003_1

まとめ

いかがでしたでしょうか。皆さんも使ったことのあるツールもあり、z世代の特徴で心当たりのあるSNSでの出来事もあったと思います。
マーケティングは身近なツールでも行うことができるので、是非今回紹介したSNSを使い、自社のコンテンツを有効活用しましょう。

↓ お問い合わせはこちらから ↓

 

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top