美容医療業界のWebマーケティングとは?SNSマーケティングの例もご紹介

更新日:2022.02.18 公開日:2022.02.18

SNS

Webマーケティングという言葉を最近はよく耳にします。
美容医療業界は市場が拡大してきており、顧客が増えるというメリットもありますが他企業も参入してきているという状況です。
そのため、Webマーケティングを取り入れさらに集客をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は美容医療業界のマーケティング手法や、SNSマーケティングの例も合わせてご紹介していきます。

美容医療業界の現状

2019年の美容医療市場規模は2017年比125.2%の4,070億円

~美容皮膚科、脱毛クリニック、首都圏での開院が増加~

(引用)https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2738

 

国内の美容医療業界の市場規模は成長を続けています。

美容皮膚科を標榜する医療施設が増加しており、人口が集中している首都圏での開院へ注力する施設が増加してきています。

今後は、二重瞼、シミ・あざ・ほくろ除去、脱毛、美肌などの非外科的施術比率が高まっていくと見られ、今後も拡大基調で推移する見通しです。

美容医療業界の課題

多くの医療美容施設では、確かな技術を持った人材の確保が課題となっています。

需要が急拡大したために、それに対応できる人材が十分ではなくなっているという現状です。

また、参入企業も多いため顧客の取り合いになるのです。

つまり、顧客の獲得だけではなく、人材不足も課題となっているのです。

Webマーケティングにより、顧客獲得と、十分な技術を持った人材を確保することが、これからの美容医療業界を生き抜く鍵となります。

 

美容医療業界のWebマーケティング

ここからは、先ほど課題として挙げた顧客獲得と人材確保のマーケティング手法についてそれぞれ解説してきます。

・顧客獲得のためのマーケティング

需要はある美容医療業界ですが、その分参入企業も多いです。その中で、自分の医院にきてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは、メインとなるターゲットを決定しましょう。その次に情報を発信することが必要です。ターゲットを決定したら適切な情報を発信しますが、ここで重要になってくるのは他医院との違いをわかりやすく伝えることです。

違いを発信することで自分の医院に足を運んでくれる人が増え、独自の強みがあることから新規顧客だけではなくリピート客も獲得できます。

発信する際は、ホームページでもいいですし、SNSで拡散できるようにするのも一つの方法です。

SNSでは写真や動画も一緒に投稿することができ、気軽に見てもらえるということも特徴の一つで独自性などをわかりやすく伝えることができます。

・人材確保のためのマーケティング

十分な技術を持った人材や未来を見据えた際の若い人材を確保するためには、Webが欠かせません。

一般的な方法では、Webで募集をかけることです。また、求人サイトに掲載したりすることで多くの人に求人を見てもらうことができます。

最近では、SNSを利用している企業も増えてきています。

インターネットが普及し、企業の情報収集や比較検討が容易になってきているため、企業側から積極的に情報を発信し、アプローチをしていく必要があります。

市場も拡大し、参入企業も増えてきている中で、長く活躍してくれる人材を確保するには、SNSを活用するなど時代にあった手法で行うことが重要です。

美容医療業界のSNSマーケティングの例

最近では、Googleなどの検索エンジンで検索するより、InstagramなどのSNSで検索をする人が増えてきています。SNSを活用することは今の時代必要不可欠です。

SNSでフォロワーを多く獲得するとその分見込み客も増えるというメリットがあります。

ここからはSNSをうまく活用している例をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

湘南美容クリニック(Instagram)

フォロワー:10.6万人

https://www.instagram.com/sbcbeauty_official/

こちらは、湘南美容クリニックの公式Instagramです。

Instagramで美容医療に関する知識や情報、クリニックで行う施術についての投稿をしています。

ハッシュタグを活用することでユーザーが検索した際に見つけられやすくなり、またハッシュタグをつけてユーザーが投稿することで様々な人に見てもらうことができるようになります。

ドラゴン細井(TikTok)

フォロワー:11.8万人

https://www.tiktok.com/@dragonamasora

こちらは渋谷アマソラクリニックの院長のTikTokです。

TikTokでは主に30秒から1分ほどの動画を投稿し、短い動画のため最後まで見てもらうことができます。

こちらのアカウントでは、体の疑問などについて回答する動画や美容整形などの金額についての動画を投稿しています

まとめ

ここまで美容医療業界のWebマーケティングとSNSマーケティングの例もご紹介してきました。

美容医療業界は、どんどん市場が拡大しこれからもまだまだ成長する業界です。

Webマーケティングをうまく活用し人材確保・顧客獲得をしていきましょう。

 

WebマーケティングやSNSマーケティングについて何かお困りごとございましたら、気軽にお問い合わせください。

             
SUMIDA

writer

SUMIDA

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の隅田です。主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top