アパレル業界のWebマーケティングの方法とは?

更新日:2022.02.24 公開日:2022.02.24

インターネット広告

アパレル業界では、実店舗から客離れが進む一方で、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響やスマホの普及とともに、ECの利用増加がみられており、Webの利用は必要不可欠な状態です。
ECとは「エレクトロニック・コマース」の略で、「電子取引」を意味します。
「Amazon」「ZOZOTOWN」などがECと呼ばれるものの一つで、「オンラインストア」や「ネット通販」と呼ばれるような、Web上でのショッピングを一括りに「EC」と呼びます。
今後もネットを使った販売の流れは加速していくと思われるので、そろそろ本格的にWebマーケティングを取り入れたいという企業も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、アパレル業界でおすすめのWebマーケティング手法や、成功するためのポイントなどについて解説していきます。

  • 「今後の市場のことを考えてWebマーケティングを始めたい」
  • 「現在行っているWeb集客の手ごたえが感じられない」
  • 「アパレル業界で勝ち続けたい」
といった方々におすすめの内容となっています。
ぜひ最後までご覧ください。

アパレル業界の現状

アパレル業界の現状として、2020年から流行している新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で、消費者の外出頻度が減少し、その結果、アパレル各社の売上も大きく減少することとなっています。
それに加えて、スマホの普及による消費者の実店舗離れにより、ECモール(インターネット上のショッピングモール)や中古品販売、レンタルなどの新業態の参入も増加しており、Webを使った新たな顧客開拓が求められています。

アパレル業界でおすすめのWebマーケティング手法4選

それでは、争いが激化していくアパレル業界で勝ち残るために必要なWebマーケティング手法について説明していきます。
アパレル業界でおすすめのWebマーケティング手法は以下の4つです。

  • ECモール
  • SNS
  • リスティング広告
  • メルマガ・LINE@

それぞれの手法について詳しく解説していきます。

ECモール

ECモールとは、オンライン上のショッピングモールのことです。1つのサイトに複数のブランドがあるECサイトのことを指します。代表例として「楽天市場」や「Amazonジャパン」、アパレル業界では特に「ZOZOTOWN」が有名です。
すでに完成されたECシステムを利用するため、0からサイト構築をする必要がなく、比較的簡単にオンライン上で商品を販売できるという特徴があります。
さらに、一般ユーザーからの認知度が高いため、集客力の強さがポイントです。
ECモールの注意点としては、売上に応じた手数料を支払う必要があるということです。
中長期的に考えた場合は自社ECの方が高い利益率が見込めますが、自社のサイト構築に手間とコストがかかる点や、集客力の差を考慮し、 自社にあった方法でオンラインでの販売に対応できるようにしましょう。

SNS

現代ではSNSによるマーケティングは必要不可欠です。
Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeといったSNSのアカウントを運用し、情報発信をすることで、認知の拡大、情報の拡散、ブランディング、ファンの獲得などが期待できます。
基本無料でアカウントを作ることができるため、比較的簡単に始めることが可能です。
SNS運用で成功しているアパレルブランドには、以下の3つの共通点があります。

  • インフルエンサーとコラボして商品の認知度を高めている
  • 写真・動画の質にこだわり、見栄えを良くしている
  • ターゲットの興味関心に沿ったハッシュタグをつけることで、目に留まりやすくしている

特に、Instagramでは、投稿だけでなく、ライブ機能の活用によってリアルタイムで消費者とコミュニケーションを取れるので、売上につながりやすくなります。
さらに、SNSには広告機能もあります。
SNSにはユーザーのパーソナリティが強く反映されるので、それをもとにデータを分析し、細かくターゲティングすることができます。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索結果の上部に表示される広告のことです。
指定したキーワードで検索された際に、画面上部に広告が表示され、1クリックされるごとにお金がかかります。
検索している=興味があるということなので、効果的な訴求が可能になります。
ただし、検索数が多いキーワードだとクリック単価が高くなってしまうことや、広告に頼りきっていると広告費を止められなくなるということには注意してください。
詳しくは以下の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

【リスティング広告のメリットをご紹介!初心者でも分かりやすい!】
https://media.webcircle.co.jp/ad/3325/

メルマガ・LINE@

メルマガ・LINE@とは、なにかしらのきっかけで接点のあったユーザーに対して、直接メールやLINEによる訴求をする手法です。
すでに接点のあったユーザーなので、成約率は非常に高くなります。
ユーザーの属性や、どういった経緯でメルマガに登録したのか、今までどのようなコミュニケーションをとってきたのかといったことも踏まえ、ニーズに合わせた配信をしましょう。
メルマガやLINEを配信する際には、ユーザーに対する直接的な訴求だけでなく、「顧客育成」という観点を持てるかどうかも、大きなカギとなります。

アパレル業界でWebマーケティングを成功させるためのポイント

ここでは、アパレル業界でWebマーケティングを成功させるための重要なポイントを2つ紹介します。

競合との差別化

多くの情報で溢れているWeb上でマーケティングを成功させるためには、競合との差別化が欠かせません。
他と似たような商品・サービスを販売していても、ユーザーの目には留まらないので、自社の特徴をしっかり理解し、競合にはない強みを前面に押し出していきましょう。
また、Googleにおいても独自性のあるサイトやコンテンツは高く評価される傾向があります。そのため、サイトの構築や運営をする際には、他社との差別化を必ず意識するようにすると良いでしょう。
競合サイトの対策方法は以下の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

【競合サイトの見つけ方と比較・分析の方法とは?】https://media.webcircle.co.jp/seo-contents/3446/

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることは、結果として先ほど述べたライバルとの差別化にもつながります。
例えば、ファストファッションブランドの「GU」のターゲットは「10代から30代の若年層」。「ZARA」のターゲットは「世の中でもっともファッションに気を遣い、お金もかけるワーキングウーマン」となっています。
ターゲットに合わせた価格帯や出店場所、広告内容にすることで、従来のような画一的なサービスではなく、顧客のニーズに合わせたサービス展開が可能となります。

まとめ

アパレル業界でWebマーケティングをする際におすすめの手法やポイントについて理解できたでしょうか。
今後ネット通販などのオンライン上の販売が加速していくアパレル業界で生き残るためには、Webマーケティングが大きなカギになります。
今回解説したことをしっかり理解し、うまく取り入れられるようにしましょう。
Webマーケティングでなにかお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

             

writer

OTSUKI

WEB CIRCLE MEDIA編集者の大槻です。
主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top