リターゲティング広告は本当に結果が出るのか?実例紹介

更新日:2022.04.28 公開日:2021.08.27

インターネット広告

そもそもリターゲティング広告とは?

「リターゲティング広告」とは、一度サイトを訪れたユーザーに対し、もう一度表示させる広告のことです。
この広告は、ユーザーがウェブサイトを見ているときに、見覚えのある商品や、サービスの広告が表示されます。

この広告では「ユーザーが商品を閲覧したが、購入などの行動を起こさなかった場合」に、
もう一度他のサイトを閲覧(フェイスブックだと投稿を閲覧する際)時に広告を出すというものです。

リターゲティング広告の効果

リターゲティング広告では、

  • コンバージョン率が高い
  • クリックした人に再度働きかけるのでターゲティング
  • ターゲティングを狭めているので、コンバージョン率が高いため費用対効果が高くなります。

まとめ

実際弊社で広告運用を行っているリターゲティング広告では、
ECサイトの商品購入はほどんどリターゲティングからです。

また、申し込みをコンバージョンとするサイトでも、クリックの獲得は広告を始めてみる方よりもリターゲティングでクリックをする率が高いです。

弊社で運用を行っている広告のほとんどがリターゲティングでうまく獲得ができています。
露出やクリックが伸びないとリターゲティングでの広告出稿を行うことは出来ませんが、
条件がそろえば積極的に出稿してください。

 

↓↓↓ お問い合わせは以下よりお願いいたします ↓↓↓

 

             
SUMIDA

writer

SUMIDA

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の隅田です。主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top