フェイスブック広告の使用を休止している広告アカウントを休眠する方法

更新日:2022.05.02 公開日:2021.08.27

インターネット広告

フェイスブック広告の現在使用を休止しているアカウント、そのまま放置していませんか?
この放置、実はとっても危険です。

例えば、プールなどの夏訴求の商品やアクティビティを売るためのアカウントがあったとします。
夏の商品なので、冬の間は広告出稿を休止の対応をするということがあると思います。

その休止の際アカウントには何もせず、放置していませんか?

不正にアクセスされ、広告の支払いが勝手にされていたり、新しくクリエイティブが作られてしまう危険性もあります。
また、不審なアクティビティを検知され広告アカウントが停止する恐れもあり、
その場合、新規の広告出稿ができなくなる恐れもあります。

それを防ぐために、フェイスブックのアカウントを閉鎖(=休眠)しませんか。

フェイスブックのアカウント閉鎖とは

広告アカウントを閉鎖すると、メインの支払い方法が削除され、広告がオフになります。
閉鎖されたアカウントでは、新しい広告を公開することができなくなります。

この広告アカウントで新しい広告を作成するには、広告アカウントをアクティブにする必要があります。
なお、広告アカウントを閉鎖しても、新しい広告アカウントのための空きができるわけではありません。

また、閉鎖=休止なので、アカウントを再開することも可能です。

アカウントの閉鎖条件として、下記の点をご確認ください。

  • 自分が広告アカウントまたはビジネスアカウントの管理者である
  • アカウントに未払い残高がある場合、クレジットカードに課金される
  • デスクトップコンピューターで操作を行う必要がある

広告アカウントを閉鎖手続き

  1. 広告マネージャの[設定]に移動します
  2. [広告会社]ヘッダーの下にある[広告アカウントを閉鎖]をクリックします
  3. アカウントの閉鎖の確認と、理由の入力(任意)を記入します
  4. [広告アカウントを閉鎖]をクリックします

以上が広告アカウントの閉鎖手続き手順になります。

まとめ

使用していないアカウントがあれば、セキュリティを高めるためにも休止をご検討ください。

 

↓↓↓ お問い合わせはこちらから ↓↓↓

 

             
SUMIDA

writer

SUMIDA

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の隅田です。主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top