Google広告で設定可能!スマートディスプレイで広告自動化

更新日:2021.12.28 公開日:2021.08.20

インターネット広告

近年広告の自動化が進み、Googleではディスプレイ広告「スマートディスプレイ」というものが登場しました。
最大の特徴は、入札、ターゲット設定、広告作成をすべて自動で行うという点です。

スマートディスプレイとは

スマートディスプレイについて詳しく説明をしていきます。
こちらの広告キャンペーンでは、コンバージョンに至る可能性が高いユーザーに広告を表示し、
設定したコンバージョン単位で出来るだけ多くのコンバージョンを獲得できるように調整されます。

また、自動でアセット(広告見出し、広告文、画像、ロゴ)の組み合わせが自動的に選択でき、
最大限のユーザーにアプローチすることができます。

これにより、今まで人ので行っていた細かい単価調整や、クリエイティブと広告文の組み合わせ、オーディエンスの設定などを自動化できます。
運用工数の削減やパフォーマンス改善ができるといったメリットがあります。

広告の最適化

スマートディスプレイ広告では、コンバージョンするユーザーの分析を基に配信ユーザーが徐々に定められていきます。
この機能学習を進めるためには、コンバージョンを短期間で多く集める必要があります。

機能学習により、現在のコンバージョン数から2~3倍になる可能性もあります。
広告の自動化が進む中で、初期段階は人の手で広告設定を行い、運用し、
軌道に乗った際にスマートディスプレイ等の自動広告に切り替えることをお勧めします。

注意点
自動でコンバージョンに至る可能性が高いユーザーに広告を表示する為、
エリアターゲティングは可能ですが性別・年齢の調整は不可能です。

             
SUMIDA

writer

SUMIDA

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の隅田です。主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top