不動産業界でWebマーケティングを成功させるためには?おすすめの手法や大事なポイントを解説

更新日:2022.01.29 公開日:2022.01.28

SEO・コンテンツ

近年、多くの企業が力を入れている「Webマーケティング」
不動産業界でもWebマーケティングを取り入れている企業は増えています。
しかし、やみくもにWebマーケティングを始めればいいという訳ではありません。
業界やビジネスモデルによって、必要な施策や大事なポイントは変わってきます。

そこで今回は、不動産業界でWebマーケティングを成功させるために行うべき手法や、押さえておくべきポイントなどについて解説していきます。

  • 「不動産業界でどのようにWebマーケティングを取り入れればいいかわからない」
  • 「Web集客に手ごたえが感じられない」
  • 「不動産業界で集客をもっと増やしたい」

といった方々におすすめの内容となっています。

是非最後までご覧ください。

不動産業界におけるWebマーケティングの重要性

まず初めに、不動産業界におけるWebマーケティングの重要性について説明していきます。

スマートフォンが普及した現代では、賃貸物件を探すためにわざわざ不動産屋を訪ねたり、直接問い合わせたりする必要はなくなりました。

インターネットを利用して比較検討するのが当たり前となっています。

 

また、日本では少子高齢化や人口減少が続いています。

進学、就職、結婚などで物件を探す若年層が減ることで、市場競争はより激化していくことでしょう。

 

このように市場が変化している中で、マーケティングの手法も変化しつつあります。

従来のような不特定多数に向けた画一的なマーケティングではなく、対象をピンポイントに絞ったマーケティングへと進化しているのです。

そのピンポイントなマーケティングを可能にするのが、Webマーケティングです。

不動産会社におすすめのWebマーケティング手法6選

それでは、不動産会社におすすめのWebマーケティング手法を紹介していきます。

不動産会社が集客を増やすために取り組むべき手法は、以下の6つです。

  • ポータルサイト
  • 自社ホームページ
  • 自社ブログ
  • リスティング広告
  • SNS
  • メルマガ

それぞれの手法について解説していきます。

ポータルサイト

ポータルサイトとは、各不動産会社が取り扱っている複数の物件をまとめて掲載しているサイトです。

例えばスーモ、ホームズ、アットホームなどがこれに当たります。

不動産会社や管理会社がサイトに出稿することで、物件を掲載することができます。

メリットとしては、掲載数が多く、集客力が非常に高いという点が挙げられます。

物件を探している多くのユーザーが大手のポータルサイトで物件を検索しているので、ポータルサイトへの掲載は欠かせません。

ただし、ポータルサイトではテンプレートに則って情報を掲載していくため、他の会社と掲載する物件が被ってしまった場合、差別化が難しくなります。

そのため、自社ならではの強みや、ユーザー目線に立った時にあると嬉しい情報などを必ず盛り込むようにしましょう。

自社ホームページ

最近では、自社ホームページで集客している不動産会社が増えています。

なぜなら、他社が運営するポータルサイトと違い、自社でコントロールできるためです。

独自性のあるサイトはGoogleから高い評価を受けるため、検索結果でも上位に表示されやすくなります。

ただし、独自性があればいいというわけではないので、SEO対策やユーザビリティの向上もしっかり行いましょう。

特に、地方の不動産会社は、自社ホームページを強化していくことが重要です。

自社ブログ

自社ブログでは、ユーザーの役に立つ情報などをブログ記事として掲載していきます。

サイトがある限り記事は残り続けるので、今物件を探しているユーザーだけでなく、未来の顧客を含めた幅広い層にアプローチすることができます。

ブログ記事を執筆する際は、特定のキーワードを決めて執筆していきます。

不動産会社であれば、例えば「賃貸 選び方」「家賃 相場」などです。

それぞれのキーワードで検索した際に、検索結果の上位に記事を表示させることができれば、集客力は大きくアップします。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索結果の上に表示される広告のことです。

指定したキーワードで検索された際に、広告が画面上部に表示され、1クリックされるごとにお金がかかります。

検索する=興味があるということなので、リスティング広告では効果的な訴求が可能です。

例えば「横浜 賃貸」で検索している人は、すでに横浜で賃貸を探している人です。

この人に対して訴求できるのが、リスティング広告の大きなメリットだといえます。

ただし、検索数が多いキーワードはクリック単価が高くなってしまうことや、広告に頼りきっていると広告費を止められなくなるということには注意してください。

SNS

現代では、SNSによるマーケティングも欠かせません。

Twitter、Instagram、Facebook、LINE、YouTubeといったSNSのアカウントを運用し、情報発信をすることで、認知の拡大、情報の拡散、ブランディング、ファンの獲得などが期待できます。

基本無料でアカウントを作ることができ、運用コストもそこまでかからないので、おすすめです。

また、SNSには広告もあります。

SNSにはユーザーのパーソナリティが強く反映されるので、それをもとにデータを分析し、細かくターゲティングすることができます。

メルマガ

メルマガは、一度でも接点のあったユーザーにメールで訴求する手法です。

メルマガに登録してくれたということは、ある程度興味を持ってくれているということです。

そのため、成約率は非常に高くなります。

ただし、全員に同じメールを一斉送信してはいけません。

ユーザーの属性などに加えて、どういった経緯でメルマガに登録したのか、今までどのようなコミュニケーションをとってきたのかといったことも踏まえ、ニーズに合わせたメルマガ配信をする必要があります。

不動産会社がWebマーケティングを成功させるためのポイント

ここでは、不動産会社がWebマーケティングを成功させるためのポイントを3つ紹介していきます。

他社との差別化を意識する

もし自社が得意としている物件の特徴などがあれば、それを全面的に押し出していきましょう。

情報が溢れているこの社会では、他社と同じような情報は見向きもされません。

ユーザーの目に留まるようなオリジナリティを出すことを心がけましょう。

Googleは独自性のあるサイトを評価する傾向があるので、そういった意味でも差別化は重要です。

近隣エリアを調べやすくする

ユーザーが物件を探す際には、検索したエリアの近隣エリアまで視野に入れている可能性が高いです。

そのため、近隣エリアのページに移動できるリンクを貼るなどをすると、ユーザーに喜ばれます。

また、サイトに訪問したユーザーの滞在時間が長いと、Googleから評価されるため、ユーザーがサイト内を巡回しやすいような設計にしましょう。

写真を多く使う

物件を探している人は、文章の説明よりも、実際の間取りや外観などの写真を求めています。

そのため、写真を多く使うようにしましょう。

視覚的にわかりやすい方が、優れたユーザビリティだといえます。

また物件の写真が多い方がユーザーの滞在時間も長くなるため、Googleにも評価されやすくなります。

まとめ

不動産会社がWebマーケティングで成功するための手法やポイントについて理解できたでしょうか。

Webマーケティングで成功するためには、自社の強みの理解と、Webマーケティングの正しい知識が必要になります。

今回解説したことをしっかり理解して、自社の集客力アップを目指しましょう。

 

Webマーケティングでなにかお悩みがありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

↓ ↓ ↓お問い合わせはこちら↓ ↓ ↓

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top