SEOとは?マーケティング初心者が学ぶコンテンツ基礎知識と対策

更新日:2022.08.08 公開日:2022.08.08

SEO・コンテンツ

近年のウェブビジネス拡大に伴い、SEOという言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか。
でも、単語は聞くけど実際にどのように対応すれば良いのか分からない。という方も少なくないでしょう。
そんな方のために、この記事では初心者にも分かりやすいようSEOについて解説していきます。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化という意味の言葉です。

検索エンジンを活用するマーケティング戦略です。「自然検索結果」でページを上位に表示させることにより沢山のユーザーがサイトやページを訪れることでサービスの予約や商品の購入といった「目標を達成する」ことを目的とします。

 

SEOを行うことで、宣伝したいと思っているサービスや商品をまだ知らないユーザーに認知してもらえる可能性が高くなります。

検索結果に上位表示されることで、ユーザーが「予約」や「購入」といった行動を起こそうとする機会を作り出すことができるようになっていきます。

 

こうしたSEOは、無料でできるかつ一度きりの施策ではなく、今後も継続して活用することができる資産的な面でもメリットのある施策です。

上位表示するために必要なこと

自然検索の中で検索結果上位に表示されるにはユーザーが検索するときに本当に知りたい情報に合った情報を書くことが必要です。検索エンジンの目的は「ユーザーが知りたいことに一致した情報を提示すること」です。

ユーザーの検索ワードや検索意図と関連性の高い内容を掲載することで検索エンジンが検索結果の上位に表示するようになります。そうした行為を「検索エンジン最適化」と呼びます。

 

ユーザーの求めている答えに一致した情報を記載するよう、最適化されたサイトやページを作成することを心がけましょう。

 

また、検索エンジンのガイドラインを守ることも重要です。

ユーザーが利用している検索エンジンのガイドラインは必ず確認するようにしましょう。

日本ではGoogleが多くのシェアを占めているため、Googleで検索されるという前提で対策を講じると良いでしょう。

日本国内の端末の違いを考慮しない検索エンジンシェア率
Google 75.91%
Yahoo! 15.16%

※2022年6月時点

【参照元】https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan#monthly-202007-202107

 

ユーザーの年代や地域によっては別の検索エンジンの方が好まれることもあるため、ターゲットとしているユーザーがどの検索エンジンを使用しているのか把握することは重要です。

 

ガイドラインに記載されている禁止事項に抵触してしまうと、ペナルティを受けてしまい検索結果の上位に表示されなくなってしまうため注意が必要です。

どんな記事を書くと良いのか?

①評価が高い記事

評価が高い記事とはどのような記事でしょうか。結論から言うと、それはユーザーの知りたいことに的確に答えることができる記事です。

 

ユーザーが検索している解決したい疑問に対し、回答として一致している内容を掲載していることで評価が高いと判断されます。

この判断を行っているのは検索エンジンのアルゴリズムですので、評価基準は明らかになっていません。しかし、基本的には「検索キーワードと関連性の高い、ユーザーの求めている回答が掲載されている」ことが高い評価につながります。

 

具体的にどのような内容の記事を書けば良いか分からない場合は、書きたい記事の「キーワード」で検索を行い、上位に表示されるWebサイトの記事を参考にすると分かりやすい指標になります。

オリジナルの要素ももちろん重要ですが、適切な情報が適切な量記載されていることも評価が高い記事のポイントです。

②被リンク評価が高い記事

被リンク評価が高いとは、「この記事は有用だからこのサイトのリンクを載せよう」と、記事を書いた人以外が自分の記事やサイトにリンクを貼り付けてくれていることを検索エンジンが評価することを言います。

これは「良い記事」だからリンクを貼ろうというポジティブな動機かつ、リンクを貼ってくれるサイトも評価が高い場合、良い被リンクの状態と言えるでしょう。

もしリンクを貼ってもらった場合でも、そのサイトの評価が低い場合は悪い被リンクになってしまい、自分の記事の評価も下がってしまうため、注意が必要です。

 

他の人が見てもこのサイトは参考になると思えるような内容にすることで、良い被リンクが生まれ、さらに検索エンジンからの評価も上げることができます。

評価の高いサイトからの被リンクが多くなると、より被リンク評価の高い記事になります。

数だけでなく、より記事との関連性の高いサイトからの被リンクをしてもらうことも重要です。

 

より良い被リンクを獲得するためには、記事の質を上げ関連性の高い内容にすることが必要です。

③ガイドラインに則ったソースコードで作成された記事

ガイドラインは検索エンジンごとに異なるため、SEO対策をしたい検索エンジンのガイドラインを把握することが必要です。

先述した通り、日本国内では基本的にGoogleとYahoo!が使用されています。

しかし、Yahoo!はGoogleのアルゴリズムを使用しているため、Googleのガイドラインに則ったソースコードで記事を作成することでSEO対策が可能です。

 

Googleの評価基準の中には正しいコーディングがされているかという項目が含まれているため、ガイドラインに則ってソースコードを記述することが重要となります。

 

Googleに評価してもらうために適切なソースコードの記載が必要な下記の4つのタグを紹介します。

  • タイトルタグ

⇒検索結果に表示されるタグ

検索キーワードとの関連性の高さを判断する重要な指標となります。

ここがタイトルであると分かるよう、HTMLのheadタグ内への挿入が必須です。

 

<title>SEOとは?マーケティング初心者が学ぶコンテンツ基礎知識と対策</title>

タイトルの文字数が長すぎると検索で表示される際、見切れてしまう可能性があります。

クリックしてもらいやすくするためにも、文字数は30字程度に収めるようにしましょう。

  • meta descriptionタグ

⇒記事の概要をHTMLで記述したタグ

meta descriptionタグを使用することで、ユーザーや検索エンジンに記事の要約を伝えることができます。

100文字程度の簡潔な説明をしている文章をタグで囲むことで、検索結果の画面にタイトルと一緒に表示されます。

<meta name=”descriptioncontent=”SEOとは検索エンジンに高い評価をしてもらえるようにすることで、検索結果の上位に表示させるための施策です。この記事では初心者でも分かるようにコンテンツ基礎知識と対策について分かりやすく解説していきます。“>

メタディスクリプションタグの確認は

  1. ページで右クリック
  2. ページのソースを表示をクリック

この手順でできます。

 

自分で記事を作成するときはもちろん、他のサイトでもそのサイトの概要が把握できるので、確認してみると良いかもしれません。

  • hタグ

⇒見出しを表示するタグ

見出しの内容も検索キーワードとの関連性の高さを判断する指標です。

見出しを見ることで、記事の内容を把握できます。アルゴリズムに記事の構造が伝わるようにするため必ず挿入しましょう。

h2 <h2>どんな記事を書くと良いのか?</h2>
h3 <h3>ガイドラインに則ったソースコードで作成された記事</h3>

hタグによって見出しが強調されるのでユーザーも記事を読みやすくなりますが、あくまでhタグはアルゴリズムが記事の内容を評価するために必要なタグです。

読みやすさや見栄えを整えるために使用すると評価に影響が出てしまうため、見た目を綺麗にする色やフォントサイズに関してはCSS(見た目を設定する言語)で整えるようにしましょう。

  • カノニカルタグ

⇒評価してもらいたいURLを検索エンジンに教えるためのタグ

記事が複数ページにまたがりURLがページごとに異なる場合で、内容の重複が発生してしまうとき、どの記事を評価してほしいかを検索エンジンに伝えることができます。

 

アルゴリズムは内容が重複している場合評価を下げる可能性があります。

記事の内容がどうしても別ページと重なってしまう場合は、HTMLのheadタグ内へカノニカルタグを挿入して1つのページを代表にすることで評価を下げられる可能性を減らすことができます。

 

URLを記述する際、相対パスにするとURLが正規化できない可能性があるため絶対パスで記述をするようにしましょう。

SEO対策のポイント

①ユーザーの検索に一致させる

先述した通り、検索エンジンのアルゴリズムに高い評価をしてもらうことで検索結果の上位に表示させることが最も必要なSEOの対策になります。

その中で、最も重要視されるのが「ユーザーが検索している=知りたいと思っている内容」と一致した内容を掲載することです。

 

コンテンツの内容を決める際、

  • 検索されているキーワードを見極める
  • キーワードがどのくらいの件数検索されているのかを把握する

ことが重要です。そのキーワードに一致した内容にすることで、高い評価を得ることができるようになります。

②専門性・権威性・信頼性を意識した内容にする

ユーザーが知りたいことを検索した際、検索結果で表示されたサイトの内容が間違っていては意味がありません。

 

そうした事態を避けるために意識するべき3つのポイントは「専門性」「権威性」「信頼性」と呼ばれています。

この3つを英語にした頭文字を取ってE-A-Tと呼ばれ、SEO対策の際に欠かせない要素です。

  • 専門性:Expertise

「コンテンツの内容を1つのことに絞り込んでいる」方がより高い評価を得ることができます。

 

あれもこれも、とテーマが定まっていない状態で記事を書くのではなく、キーワードを定めて1つのテーマに絞り込むと良いでしょう。

 

また、記事の内容によっては、筆者がプロフェッショナルで専門的な知識を持っているかということも重要です。

医療の記事なら医師免許を持っている、医学部を卒業しているなど、資格・経験・専門的な知識があることなども記載するとより良い評価に繋がります。

  • 権威性:Authoritativeness

「コンテンツを作る人が誰なのか」という部分も評価のポイントになります。

 

実際に記事を書く人自身が正しい知識を持っていて、社会的な信用があるということは重要です。

 

加えて、自身のサイトで他にも書いている記事が検索エンジンから良い評価を受けているかどうかや、サイトへの良い被リンクなども権威性を測る上での指針となります。

特に自分が書きたい内容の社会的に認められている専門家(国営の機関など)のサイトから被リンクされることなどが権威性の評価を高める分かりやすい指標です。

 

そういった権威性の高いサイトからも評価を受ける記事作りを意識することが大切です。

  • 信頼性:Trustworthiness

「ユーザーが検出されたサイトを信頼できるか(不信に感じないか)どうか」もユーザーを重視する検索エンジンには評価をするために重要視する部分になります。

 

ユーザーがそのコンテンツを見たときに不信感を感じないように工夫する必要があります。

記事に対してどこに責任があるのかなどの表記を行うなど、ユーザーからの信頼を得るための対策は重要です。

 

「誰が書いたのか」「どの会社のコンテンツなのか」ということを明記することにより、ユーザーからの不信感を軽減することができます。

 

企業の場合は会社名や住所や電話番号やお問合せ用のアドレス・フォームを設置しておくと良いでしょう。

個人の場合は問い合わせ用のフォームやSNSのプロフィールリンクなどの設置をおすすめします。

 

また、引用する情報の引用元が信頼できるサイトであるかということも確認する必要があります。

国の省庁が運営しているサイトや、公的機関が運営しているサイトなどが信頼性の高いサイトです。

引用をする際はその点を踏まえておきましょう。

 

検索エンジンの評価方法は不明な部分も多くあります。しかし、GoogleではE-A-TをSEOの評価において重視すると公表しています。

そのため、コンテンツを作成する際にはこの3点を意識することがとても重要であると言えます。

③対策キーワードを含める

対策キーワードとは、記事を書くときに「メインのテーマとなるキーワード」のことを指します。

こういう記事を書こうという、軸になるようなキーワードをタイトルや見出しに含めることで、キーワードを伝えることができます。

また、見出しからコンテンツの内容を検索エンジンのアルゴリズムに評価してもらいやすくなります。

 

ユーザーが検索する際のキーワード=対策キーワードですので、検索されやすさを意識して設定しましょう。

 

また、その他に「関連語」「共起語」というキーワードもあります。

  • 関連語

関連語は、ユーザーが検索する際に合わせて検索しそうなキーワードであることが多いです。

対策キーワード SEO
関連語 とは やり方
ユーザーの検索キーワード 「SEO とは」「SEO やり方」

関連語はユーザーが対策キーワードのどのような情報を求めているかを知ることができるキーワードですので、有効に活用しましょう。

  • 共起語

共起語は、対策キーワードと一緒に使用されることが多いワードのことを指します。

SEOの共起語 検索エンジン
Google
最適化

評価

このように、キーワードと同時に使用されます。使用することで検索キーワードとの関連性が高いサイトだと判断されやすくなる言葉ですので、意識して使用することをおすすめします。

④読みやすくなるように意識する

ここまで内部設定や、キーワード設定など、テクニカルな部分の説明が多かったですが、基本である文章自体の読みやすさも重要です。

読みやすい文章であることが直接的にSEOに影響を及ぼすことは少ないかもしれません。

しかし、離脱率や滞在時間にはダイレクトに影響しているため、間接的にSEOに影響を及ぼす可能性があります。

 

読みやすい文章とは主に以下の点を意識して作られています。

  • 支離滅裂でない自然な文章
  • 誤字脱字がない
  • 適切な言葉を正しい意味で使用している
  • 適度に改行をされている
  • 画像がある
  • 目次が設置されている

文章をPCで書いている場合、モバイルで見ると見え方が異なることが多くあります。

コンテンツを公開する際は必ずPC・モバイル両方での見え方を確認しましょう。

SEO記事の書き方

ここまでSEOの対策について詳しく記述してきました。

では、実際にSEO対策をしている記事とはどのようにして書けばよいのでしょうか。

ここからは、記事を作っていく際に必要な、5つの工程を解説します。

①目標を決める

記事を書く前にまず「その記事を読んだ人にどうなって欲しいのか」を決めましょう。

SEOに関する記事の場合 記事を読み終わった時点でSEOという言葉の意味を理解することができる
記事を読み終わった時点でSEO施策の方法を理解することができる

このように、目標によって書くべき内容は異なります。

先に設定した「目標」を達成するために記事の内容を考えていくためにも、まずは記事を読んだ人がどうなって欲しいのかをいう目標を設定しましょう。

②キーワード検索で上位に表示される記事の分析

SEO対策で最も簡単にできることが、「検索結果の上位に表示されてる記事を分析すること」です。

自分が書きたいと思っているキーワードで検索してみましょう。

上位に表示されている記事は「検索エンジンから高く評価されている記事」ですので、参考にするにはうってつけです。

 

上位に表示されている記事の「タイトル」や「見出し」を分析して、よく使われている関連語や共起語を把握しておきましょう。

少なからず上位5記事の内容を確認することがおすすめですが、キーワードによっては記事内の文字数が多すぎて分析が大変になってしまうため、分析用のツールの使用をおすすめします。

おすすめ分析ツール
ラッコキーワード https://related-keywords.com/

余裕があれば使用されている画像や文字数も分析すると良いでしょう。

 

文字で説明するより、画像で説明する方が伝わりやすい内容もあるため、上位サイトの内容を把握することは、より良い記事を作る上でとても大事になっていきます。

また、キーワードで検出される記事の平均的な文字数が分かっていない場合、他のサイトでは1000文字で説明していることを自分のサイトでは100文字しか記載していない状況が起こる可能性があります。

 

文字数が多ければ良いということではありませんが、適切な文字数で適切な内容を記載することは重要ですので、上位に表示されているサイトの文字数も参考にする必要があると言えます。

③記事構成を作る

目標が決まってキーワードで検出される上位サイトの分析も出来たら、次は記事の構成を作成します。

構成とは、見出しのことを指し、その記事をどのような流れで書いていくかを決めるための工程です。

 

書きたい内容が決まっていても、実際に書いてみるとあれもこれもと増えていくことも多いでしょう。しかし、書きたいことをつらつらと書いていくと、本当に書きたかった部分がどこなのか分からなくなってしまいがちです。

それを避けるためにも、文章を書いていく「道筋」を作成する必要があります。

 

構成は、②の工程で行った分析結果を参考にすると作りやすくなります。

記事のキーワードで上位表示されるサイトの構成は検索エンジンに好まれている構成です。

つまり、ユーザーに求められている「ニーズのある記事構成」と言うことができます。

 

丸々真似をすることはできませんが、見出しのキーワードや必要な関連語・共起語を盛り込んだ構成にすることで、ユーザーにとっても必要で、検索エンジンにも好まれる記事構成を作成することが可能です。

④記事を執筆する

記事構成が終わったら記事を執筆していきましょう。

ユーザーにとって読みやすい文章になるよう以下の点に注意が必要です。

  • キーワードと関連性の高い内容にする
  • タイトルや見出しのタグを使用する
  • 表記ゆれを意識する
  • 共起語を使用する
  • ユーザーのニーズを取りこぼさない
  • 文章を長くしすぎない

注意点からも分かるように、重要なのはユーザーが満足できる内容にすることです。

書きたいことだけを書くのではなく、ニーズに応えることを意識しましょう。

 

書き終わった記事は必ず誤字脱字が無いかなどの確認を行いましょう。

執筆者だけでは気づくことができない部分も多いため、第三者によるチェックを入れることがおすすめです。

⑤記事の配信設定をする

記事が完成したら最後に配信の設定を行いましょう。

使用している配信ツールにもよりますが、先述してきた通りタグの設定や読みやすくする工夫が必要です。

 

基本的な工夫は以下の4点です。

  • 見出しをつける
  • 適切に改行を行う
  • 重要な部分を強調する装飾をする
  • 適切に画像を挿入する

実際に配信設定を行う際にしか気づけない工夫するべき部分も出てきますので、適宜対応を行いましょう。

SEO記事を書く際の注意点

最後に、記事を書く際に注意が必要な部分を解説します。

場合によっては検索エンジンからペナルティを受けてしまい、どんなにSEO対策をしても上位表示されることが無くなってしまう可能性もありますので、必ず注意点を抑えた記事を作成するようにしましょう。

①コピーコンテンツを作成しない

記事の書き方で上位サイトの分析が必要だと説明しました。

上位に表示されるサイトはSEO対策ができているため、高い評価を受けている記事ですので参考にするべきです。

しかし「表現」や「例」などまで真似してしまうと模倣したコンテンツであると評価を受ける可能性があります。

もちろん、記事をそのままコピーペーストし、文章の末尾を少し変更することなどはもってのほかです。

Googleではそういった模倣サイトにペナルティを与え、検索順位を下げたり、検索結果に表示させなくすることがあるため注意が必要です。

 

しかしながら、同じキーワードで記事を書いている以上どうしても内容が似てしまうことがあります。

そうした場合は、可能な限り同じ意味の言葉に言い換えるなど、表現を変えることでコピーコンテンツを作らないこと意識して記事を作成しましょう。

記事A 模倣サイトにペナルティを与えます
執筆記事 真似をしたサイトとして罰を与えることがあります

そうした評価を避けるためにも、コピーコンテンツになってしまっていないかをチェックする必要があります。

無料でチェックしてくれるツールもありますので、ぜひ活用してください。

②同じキーワードを繰り返し使用し過ぎない

SEO対策は検索キーワードと関連性の高い記事を書くことであると説明してきました。

関連性を高くするためには、先述した通り記事の中に対策キーワードを含めることが必要です。

 

しかし、それもやりすぎてしまうとペナルティを受けてしまう可能性があります。

文章として不自然なほどに同じキーワードを繰り返すことは、SEO対策をしているだけの、ユーザーにとって不便なコンテンツになるからです。

「SEO対策」 SEO対策でお悩みのあなた!SEO対策にはSEO対策に特化した弊社のSEO対策ツールの導入がおすすめです!
「SEO対策」 SEO対策のご相談がある場合はぜひ!弊社のSEO対策担当者までお問合せください!

「SEO対策」というキーワードで検索した際の結果に表示されやすくなると思ってしまうかもしれません。しかし、これでは同じキーワードを繰り返しているだけの不適切で意味のない文章になってしまっています。

 

文章として不自然ではなく、ユーザーが検索した際に疑問を解消することができるような、良いコンテンツになるように意識して作成することが必要です。

③定期的に記事を書き直す

SEO対策をした記事は一度書けば終わり。ということではありません。

検索エンジンの評価基準は定期的にアップデートされていくため、変化に合わせた「最適化」が必要になります。

 

これまでは上位に表示されていた記事内容でも、評価基準の変更により、全く検出されなくなってしまうことも起こり得ます。

また、検索エンジンの評価だけでなく、ユーザーが求めている情報にも変化が訪れるかもしれません。

トレンドは常に変化をしており、かつては簡単な内容だけを求められていたが、今では詳細な内容が求められているという状況も起こる可能性があります。

その度に新しい記事を書くことも悪いことではないですが、既にある記事を書き直すことでSEOでの上位表示させることも検討しましょう。

 

時間やお金をかけて作成した記事を無駄にしてしまわないよう、検索順位が低かったり、クリック率が低い記事は積極的に書き直すことをおすすめします。

まとめ

ここまで、SEO施策についてコンテンツ基礎知識と対策を解説してきました。いかがだったでしょうか。

SEOとは、検索エンジンの検索結果で上位に表示をさせるための施策であり、無料で行うことができ、持続的な資産となり得る非常に有益な施策です。

 

インターネットでの買い物やビジネスが当たり前となった今、SEOについて知り、対策を行うことは必須になっています。しかしながら、常に変化を続けるインターネットの対策を完璧にすることは困難です。

 

ユーザーにとって有益なサイトは自ずと検索結果の上位に表示されますので、「ユーザーにとって良い結果をもたらすコンテンツ」を作成することを意識していきましょう。

             
NAKANISHI

writer

NAKANISHI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の中西です。主にSEOやWEB広告関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top