ミレニアル世代とは?効果的なマーケティング手法

更新日:2022.04.01 公開日:2021.11.11

SEO・コンテンツ

経済の中心になるミレニアル世代。企業の商品やサービスの訴求には世代の特徴に合わせたマーケティングが必要不可欠になってきます。
注目されているZ世代とは異なり、どのような特徴や価値観を持つ世代なのか。効果的なマーケティング手法についてもご紹介します。

ミレニアル世代とは

1980年代初めから1990年代中頃までに生まれた世代でZ世代ともよく比べられます。ミレニアル世代はインターネットが普及する前までの時代に生まれ、幼少期からIT革命を経験したデジタルネイティブの最初の世代でもあります。2025年には全世界の労働人口の75%以上を占めるとのデータもあり、社会経済の中心となる世代のためマーケティングにおいてもミレニアル世代への訴求は欠かせません。

ミレニアル世代の特徴

分からないことがあれば自分で調べる傾向にあるミレニアル世代は、インターネットを活用して情報収集する特徴があります。また、インターネットに慣れ親しんでいるため、気軽に海外の人とも交流し、幅広い価値観を持つ人も多くいます。

ミレニアル世代の価値観

顧客体験を重要視するミレニアル世代はモノの消費より体験にお金を使い、InstagramをはじめとするSNS上などでの共感を重要視する世代でもあります。このように他の世代との消費行動には大きな違いがあります。
また、ミレニアル世代は海外も含めたあらゆる人との交流経験を持つ人が多く、人とは異なるということは当然との考えを持っているため、自分の個性を大事にもしています。

ミレニアル世代×マーケティング手法

柔軟な考えを持つミレニアル世代にはどのようなマーケティング手法が良いのでしょうか。
今後のマーケティングで導入したい、ミレニアル世代の特徴に合わせたポイントをご紹介します。

SNSを活用する

普段からSNSを利用している割合も高いミレニアル世代にはInstagramやTwitterなどを活用したマーケティングが有効です。

共感してもらう

SNSの投稿などでは共感するコンテンツを発信することが必要になります。シェアしたいと思わせるような投稿がミレニアル世代に響きます。

体験してもらう

モノよりコトに価値観を見出す世代なので、何かを体験できるサービスを提供すると効果的です。そのサービスを通じて何を得られるのかという部分に価値を見出す傾向にあります。

動画を活用する

いま注目されている動画マーケティングも見逃せません。
画像と動画はそれぞれのメリットや訴求ユーザーが異なってくるため、ミレニアル世代に合わせた共感できるような動画などが効果的です。

まとめ

今回はミレニアル世代のマーケティング手法についてご紹介しました。デジタルに慣れているミレニアル世代へのマーケティングには、利用率の高いモバイル端末での訴求が効果的です。サイトページなどはモバイルに合わせたデザインにすることをおすすめします。

ウェブサークルではSNSを活用したコンテンツマーケティングのご依頼も可能です。

 

↓ お問合せはこちらから ↓

 

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top