読みやすいコンテンツ記事とは?

更新日:2022.05.02 公開日:2021.10.15

SEO・コンテンツ

記事を書く上で一番気をつけたいのが同じ言葉を繰り返すことです。
同じ単語が何度も登場すると話に展開がなく、読み応えのない記事になってしまいます。

類語を探すことが重要

ライティングをする上では複数の表現で伝えるということも考えると記事のクオリティも上がっていきます。

  • 良い表現が思いつかない
  • どうしたらボキャブラリーが増えるのか分からない

という方。すぐに実践できる方法があります!

それは、類語を探すことです。
類語で検索すると似た意味を持つ言葉を一瞬で調べることができます。

「実践する」の類語を検索してみると、以下のような言葉が表示されました。

  • 行動に移す
  • 実際に行う
  • 実施する
  • アクションに移す

上記以外にも探すとまだまだ出てきます。
記事の文章の前後を変えればもっと適した表現が見つかります。

また、漢字やひらがなの使用頻度にも気を配ることをおすすめします。
漢字が連続している場合には、ひらがなの入った単語に変えたり、記事のイメージに合った単語に変えたりします。
そうすることで見栄えも良く、見た目の印象にも違いが出てきます。
漢字ばかりだと読みづらい印象があるため、漢字が続いているなと感じたらひらがな表記でも問題なさそうな言葉はひらがなに、英語に変えても違和感がない場合は英語に変換してみるのもおすすめです。

まとめ

今回は、コンテンツ記事で読みやすい文章とは何かをご紹介しました。記事は一日で仕上げるのは難しいもの。時間や日にちを空けて読み直すことでもっと良い表現に出会うこともあります。執筆に困ったらぜひ実践してみてください。誤字脱字も発見できるので、おすすめです。

 

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top