SEO対策で知りたい 検索クエリの特徴と種類

更新日:2022.05.24 公開日:2021.07.22

SEO・コンテンツ

検索クエリとは、Googleなどの検索エンジンで調べるときに検索枠に入力するキーワードのことです。
単語ひとつや、いくつかの単語を組みわせたものがあります。
Googleでは、検索意図とコンテンツの関係が重要視されおり、ユーザーのニーズが表れる部分でもあるためこの部分を知ることで対策を練ることが可能になります。
検索クエリタイプは大きく下記の4つに分類されます。

1. Doクエリ

トランザクショナルクエリ(取引型)とも呼ばれ、何らかのアクションをするために利用されます。

ユーザーが何かをやってみたい、自分でやる方法などのキーワードが分類されます。

2. Knowクエリ

インフォメーショナルクエリ(情報型)とも呼ばれ、知識や方法、ノウハウなどの情報を集めることに利用されます。

ユーザーが必要としているものは情報であり、知って解決したいキーワードが分類されます。

3. Goクエリ

ナビゲーショナルクエリ(案内型)とも呼ばれ、特定の店舗やウェブサイトを見つけるために利用されます。

ピンポイントで検索されることが多く、移動の仕方や地図が出ることも特徴のひとつです。

4. Buyクエリ

トランザクショナルクエリ(取引型)とも呼ばれ、商品購入の比較検討などで利用されます。

買い物に特化しており、口コミやレビューを重視してきている時代に合わせた検索クエリでもあります。

まとめ

これら検索クエリを調べることで、ユーザーがどのようなキーワードで何を知りたいのかを把握し、対策に繋げることができます。

自サイトがユーザーの検索意図に合っているのかを知ることはとても重要になります。

対策のためにも、自サイトがどこに分類されるのかは把握しておくことをおすすめします。

 

↓↓↓ お問い合わせやご相談はこちらから ↓↓↓

 

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top