ライターにリライトを依頼するときのコツとは?

更新日:2022.01.18 公開日:2022.01.15

SEO・コンテンツ

「記事の閲覧数が伸びているからリライトを依頼したい!」と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。
ですが、実際にリライトをお願いする際に「どのように依頼すればよいか分からない」という人も多いと思います。

本記事では「ライターへの効果的なリライトの依頼の仕方」をご紹介します。

リライトとは

リライトとは、「すでにリリースされたコンテンツの改善」を意味します。

具体的に
・すでに公開済みの記事コンテンツの本文やタイトルについて、加筆修正すること
・もともとある文章を、意味を変えずに書き換えること
上記のように記事を執筆し、自身の見解や対象読者、時期に合わせた表現を加えることでより読んでもらえるようにする方法です。

記事のリライトをすることでさらに良い記事ができるため、新たに見てもらえる数が増え、利益化
につながります。
自分で書いた記事だけでなく、他の方が書いた記事をリライトする場合もあります。
読み手での視点と書き手としての視点二つの観点からリライトすることが大切です。

リライトでチェックすること

リライトでチェックする部分は下記のポイントです。

記事執筆を依頼する際にどこを修正するのか、加筆するのかを指示してください。

・原文(紹介する物)の理解
・わからない単語や方法をそのまま説明されないままになっていないか
・わかりやすい説明になっているか
・テーマ・ターゲット層が理解できているか
・執筆当時から変化した部分の修正・説明の追加
・自分の意見の加筆・修正

実際に変更する場所とは

インプレッションが大きい中で、検索順位は一定上位に表示されてはいるものの、クリック率が振るわないページはタイトルを変更し、魅力的にします。
表示される順位が高いと、クリック率は上がっていくはずですが、
上位表示されているにもかかわらずクリック率が低い場合は、ユーザーのニーズを刺激するようなタイトルを付けられていない可能性があるためです。

また、対象となるのはインプレッションが大きい+検索順位が1ページ目に表示されるかどうかのライン(8~12位程度)をさまよっているページです。
内容を充実化させましょう。
意見や細かい説明を入れることによって、検索ワードの引っ掛かりを多くすることができる。それによって読者の関心を惹きつけることができ、リピート率にも繋がります。

実際にどうしよう?と思ったら

①テーマ・ターゲット層が理解できているか
ターゲット層・テーマに意識を向けてみましょう。

例)テーマ 新大久保・コスメ
(10代-20代の学生向け)今新大久保がアツい!韓国コスメで目指せヨジャドル
(美容好き向け)マット肌はもう遅い?新大久保で集められる水光肌コスメ!
(社会人向け)オフィスメイクもお呼ばれメイクも一つで完成!新大久保韓国コスメ
などと、ターゲット層によってかなり文章が変わってきます。
まずは、どの層に向けているのか・ターゲット層に響くものは何かを調べてみたり、イメージして書くことがおすすめです。タイトルは記事の顔であるため、ターゲット層に刺さる文章を作るだけでかなりインプレッションの数は変わります。

②紹介するもの・ことの下調べをもう一度行いましょう

元々の記事をリライトするからと言って、何も知らないまま行うのは好ましくありませんし、読み手にも適当な文だなと分かってしまいます。。
そのためにもどんな魅力があって、何を伝えたいのかを明確にしておいた方が、より良い文章が書けます。
もしかしたら記事にはない新たなアピールポイントが見つかるかもしれません。

③文章の丁寧さ・話し方に着目
「です、ます、だ、である」調が統一されていることはもちろんのこと、ずっと同じ文末だと、堅いイメージになってしまうこともあります。
これらも、ターゲット層に意識を向けてみることが大切です。
また、横文字を使うのか、日本語で書くのかも統一していると良いです。

注意)横文字を使うときはかみ砕いた説明を入れてもいいかもしれません。

分からないまま話が進んでしまうと、??で終わってしまう可能性や誤解される可能性があるからです。
自分は分かっているとしても、ターゲット層の人たちは分かるのかな?という視点を持ちましょう。

④リライトした今だから書けることを大切に。

感想や、考えは一生変わらない!ということはほとんどないと思います。今だから書けることや伝えたかったことを付け加えることで、共感してくれる読み手もいるかもしれません。
ただし、思いのたけを全部つづれと言っているのではなく、あくまでも読み手にリアルに伝えられる手段としてなので、不快に思われないか、悪い印象に思われないかを考えながら書いてみましょう。

まとめ

これらのすべてに共通することは、ターゲット層・テーマの理解です。
リライトによって閲覧数が大きく変わることもあるため、より読みやすく、共感できるような記事作成を目指しましょう!

 

【参考文献】てきすと

PLAN-B「リライトとは?コンテンツのSEO効果を向上させる方法を解説!」より引用
https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/24514/

COLMN 文章のリライトとは?SEOで効果を高める記事作成のテクニックより引用
https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/24514/

CUMAN.INFO 文章を丁寧に編集・リライトすれば誤解されにくい文章が書ける
https://chuman.info/riraito/

 

↓ ↓ ↓お問い合わせはこちら↓ ↓ ↓

             
SUMIDA

writer

SUMIDA

WEB CIRCLE MEDIAの編集者の隅田です。主にWEB広告関係やSNS関係の記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top