関連キーワードとは?探し方や使い方、サジェストキーワードとの違いなどを徹底解説

更新日:2022.04.12 公開日:2021.12.15

SEO・コンテンツ

コンテンツマーケティングの時代と言われる現代では、様々な会社がオウンドメディア(自社メディア)を立ち上げ、日々コンテンツを発信しています。
そのコンテンツを制作するうえで、キーワードの選定は欠かせません。
しかし、キーワードを調べようと思っても、共起語、サジェストキーワード、関連キーワード、、、と種類が多くて難しいと思います。
そこで今回は、関連キーワードに焦点を当てて、使い方や探し方、混同されやすいサジェストキーワードとの違いなどを解説していこうと思います。

  • 「関連キーワードってなに?」
  • 「キーワード選定のやり方がわからない」
  • 「関連キーワードって調べる必要あるの?」

こういった疑問を持っている方々におすすめの内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

共起語については以下の記事で詳しく解説しているので、よろしければ参照してみてください。

関連キーワードとは

関連キーワードとは、検索されたメインのキーワードに関連するキーワードや、連想されるキーワードのことです。

Googleでは検索結果の下部に表示されます。

例えば「脱毛」というキーワードで検索すると、「脱毛 全身」「脱毛サロン 医療」「脱毛 VIO」「脱毛サロン 口コミ」といった関連キーワードが最下部に表示されました。

この関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示されるようになっています。

 

過去に他のユーザーによって検索されたキーワードや、関連サイト、共起語など、Web上にある様々な情報が反映されています。

なお、検索するデバイスや場所は影響しないとされています。

Web上の様々な情報が反映されるため、トレンドなどが影響し、メインのキーワードが含まれないキーワードが表示されることもあります。

サジェストキーワードとの違い

関連キーワードとよく混同されやすいのが、サジェストキーワードです。

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入れた際に自動的に表示される検索候補のことです。

例えば「脱毛」というキーワードを検索窓に入力すると、「脱毛器」「脱毛 メンズ」「脱毛 クリーム」といったサジェストキーワードが表示されました。

このサジェストキーワードは、他のユーザーが検索したキーワードに加え、自分が過去に検索したキーワードなどが反映されるようになっています。

そのため、検索するユーザーや、検索するタイミングによって表示されるサジェストキーワードは異なります。

 

関連キーワードとサジェストキーワードの1番の違いは、過去の自分の検索傾向が影響されるか否かという点です。

サジェストキーワードは自分の検索傾向が反映されてしまうので、より多くのユーザーの関心や注目を知りたい場合は、関連キーワードに注目してみましょう。

関連キーワードをSEOに活かす方法

関連キーワードを調べることで、ユーザーのニーズや興味関心を知ることができます。

例えば先ほど「脱毛」で検索した際、「脱毛サロン 医療」という関連キーワードが表示されました。

この関連キーワードからわかることは、「脱毛サロンと医療サロンのどちらが良いのかを知りたい」というニーズを持ったユーザーが一定数いるということです。

ニーズがわかれば、それに応えるためのコンテンツを作ることができます。

今回の例でいうと、脱毛サロンと医療サロンの違いや、両者のメリット・デメリットなどをわかりやすく解説したコンテンツを作ることで、ユーザーのニーズを満たすことができます。

意外な関連キーワードが見つかることで、コンテンツ制作のヒントになることもあるので、関連キーワードは必ず調べるようにしましょう。

おすすめのツールの紹介

それでは、関連キーワードを調べるためのツールや方法を紹介していきます。

ラッコキーワード

ラッコキーワードを使うことで、Google、Bing、YouTube、楽天、Amazon、Yahoo!知恵袋などの関連キーワードや共起語などを一括で取得することができます。

非ログインユーザーの場合、検索できるのは1日あたり5キーワードに制限されていますが、取得できる情報に制限はありません。

ラッコキーワード

Keyword Tool

Keyword Toolを使うことで、Google、YouTube、Bing、Amazonに加え、Twitter、Instagram、Play Storeなどの関連キーワードまで取得することができます。

キーワードの抽出量が非常に多いことが特徴で、他のツールでは出てこないようなワードも多く発見できます。

有料版に移行すると、それぞれのキーワードの検索ボリュームまで調べることができます。

Keyword Tool

KOUHO

KOUHOを使うことで、Google、Bing、Amazon、楽天の関連キーワードを取得することができます。

無料で利用することができ、キーワード取得の時間が早いことが特徴です。

KOUHO

実際にキーワードを検索する

先ほど「脱毛」というキーワードで検索した時と同じように、特定のキーワードで検索をすれば、最下部に関連キーワードが表示されます。

表示される関連キーワードは少ないですが、最も手軽に調べることができる方法です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは、Googleが提供するWeb広告の運用ツールです。

Googleキーワードプランナーを使うことで、上記のツールや方法で取得した関連キーワードの検索ボリュームを調べることができます。

キーワードを選定するためには、関連キーワードを抽出するだけでなく、それぞれの関連キーワードがどれだけ注目や関心を集めているのかを知る必要があります。

そのため、取得した関連キーワードの検索ボリュームまでしっかり調べるようにしましょう。

Googleキーワードプランナー

まとめ

関連キーワードについて理解できたでしょうか。

関連キーワードは、ユーザーの検索意図=ニーズを把握するための大きなヒントになります。

コンテンツを制作する際には、今回解説した関連キーワードを意識して、ユーザーのニーズを満たすことができる良質なコンテンツを作ることを心がけましょう。

 

コンテンツ制作でなにかお悩みがございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

 

↓ お問い合わせはこちらから ↓

             
AOKI

writer

AOKI

WEB CIRCLE MEDIAの編集者青木です。主にSEOやコンテンツの記事を投稿しています。

詳細ページへ
page top